トップページ > 次世代育成 一般事業主行動計画

次世代育成 一般事業主行動計画

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

(1)計画期間

平成29年4月1日から平成37年3月31日まで

(2)内容

目標1
平成32年3月までに、所定外労働時間を削減するため、「ノー残業デー」を推進・継続実施を強化する。

対策

  • 平成29年4月から所定外労働の現状を把握
  • 平成29年4月から社内検討会(部門長)での協議
  • 平成29年5月から「ノー残業デー」の月1回完全実施(原則毎給与支給日:代替日)を目指し、部門責任者、作業所長への当該推進計画の周知(4月・9月度の合同会議)と、社内報および掲示板への掲示(毎月)により、全社員への周知徹底
目標2
平成32年3月までに、年次有給休暇の取得率を平成28年度比「10%」アップする。

対策

  • 平成29年4月から年次有給休暇の取得状況の実態把握
  • 平成29年4月から社内検討会(部門長)での協議開始
  • 平成29年5月から検討会での協議内容を踏まえ、事前の計画的取得に向けた部門責任者、作業所長の研修及び社内報、掲示板への掲示による周知と実施
  • 平成29年5月から 春季連休・夏期休暇・年末年始休暇など、有給休暇取得奨励の掲示や取得状況の纏めなどにより、取得促進のための取り組みを実施
スローガン
「しっかり働き、ゆっくり休む!」
-有給休暇を長短、柔軟に取得しよう-

このページの先頭へ